記事の詳細

昨今cakephpを使用したサイト制作が多く、デザイナーやコーダさんがhtmlからctpに変換してからシステム担当の方へへデータを渡すようなフローで進めるプロジェクトも増えてるのではないでしょうか
しかしながらctpって何よ?って感じの方も少なからずいらっしゃると思いますのでデザイナー目線で簡単に書き残します。
(自分の覚書なので解釈が違っていたら恐縮ですけど)

基本的には外部から読み込みものである画像やリンクやCSSやjsの書き方を変えていく感じになります。
書き方も何パターンかあるので、一概には言えませんが、以下のような感じになります。

ctp内での画像の出力

ctp内での画像リンクの出力

ctp内でのテキストリンク

ctp内でのテキストリンク(_blank使用)

blank追加してますが、class追加なども同じ感じでarrayで書いてあげればOKです。

応用版 ctp内でのリンクタグで

タグを囲む場合(_blank使用)

応用版 他にもjsやcssの設定

以上です。
規則性もありますので、大体わかれば応用できそうですね。
でもやっぱりcakeをローカル上にインストールして一からやってみるのも勉強かと思いますので、xamppいれるなりしてお試しください(戒め笑)

cakeってケーキなんですかね。ケークなんですかねぇ。
まぁいっか

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AIMERS CREATEとは

AIMERS CREATEは、東京都と福岡県うきは市を中心にホームページ制作・Webデザインを行っております。 お見積もりや運営などご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせメールフォームからお申込下さい。迅速に対応します。 お問い合わせをいただきましたら、電話かメールにてご連絡を致します。 AIMERS CREATEをもっと詳しく

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る