記事の詳細

とあるクライアントの大きいメディアサイトの
ドメイン変更・サーバ変更を伴うワードプレス引っ越しをしました
いくつか躓いたので解決方法を覚書として記録
大した事案ではないと思いますが、忘れたときのために~

カスタムフィールド内に登録してある画像が表示されない

ワードプレスの標準機能で記事インポート/エクスポートではカスタムフィールドで設定した画像は反映されませんでした。
そこでデータベースを丸ごと移管する事を決意。
phpmyadminはよく分からないので、プラグインWP-DBManagerをインストールし、データベース バックアップをとる。
/wp-content/backup-dbの中にデータベースのテキストファイルが生成されるのでダウンロード後に、テキスト内のドメインを差し替える。
この時、サーバ内のルートパス表記がいくつかあったので気をつけるようにする。

上記データベースのテキストファイルの編集が済んだら、新サーバ内の/wp-content/backup-db内にアップロードし、ファイル操作メニューから復元させる。
復元後バグるようだったらデータベースのテキストファイルのドメイン書き換えのどこかがミスってるパターンですが、
データベース オプションメニューのバックアップファイルのパスで入力しなおせば改善可能だった。

上手くいくと記事投稿に関する全てが移行できた。

Posts 2 Postsで紐づけておいた記事が解除されている

Posts 2 Postsというプラグインで設定しておいた記事同士の紐づけが全てリセットされてしまっていた。
ワードプレスの標準機能で記事インポート/エクスポートでは紐づけまでは引き継げないみたい。
を丸ごと移管する事を決意。
段取りは、”カスタムフィールド内に登録してある画像が表示されない”と同じ方法。
これで解決できたので良しとした。

uploadフォルダに入っていた日本語の画像ファイルが文字バケしている。

これは長年謎だった事案。
日本語の画像ファイルをFTPソフトでダウンロードするとたんに文字バケする。
文字化けしたまま新サーバに移すと、文字バケしたままなので、もちろん表示されなくなってしまう。
これを調べるとデータ転送時のファイル名エンコードが関係するみたいで、転送モード設定をシフトjisからutf8にする事で解決した。
ダウロードもアップロードもutf8だ。
ffftpやfilezillaどちらでも設定可能。個々のホスト設定で設定可能。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AIMERS CREATEとは

AIMERS CREATEは、東京都と福岡県うきは市を中心にホームページ制作・Webデザインを行っております。 お見積もりや運営などご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせメールフォームからお申込下さい。迅速に対応します。 お問い合わせをいただきましたら、電話かメールにてご連絡を致します。 AIMERS CREATEをもっと詳しく

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る