記事の詳細

まずはこの画像を見ていただきたい。
新宿の背景に富士山
SONY DSC
普通に考えたらありえない構図ですが、望遠レンズがあれば可能なんです。

写真は画像検索で分かりやすい例をひっぱってきているので怒られたら消しますね^^;

一般的には焦点距離が300mm以上のレンズを超望遠レンズといいますが、
超望遠レンズは遠くのものを映すだけではなく 極短な圧縮効果を得ることもできます。
ここで言う圧縮効果というのは 距離感が縮まって描写されるアレです。

例えばプロ野球のテレビ中継なんか見てるとピッチャーからのアングルでバッターの距離がものすっごく近く見えるのは超望遠レンズの圧縮効果によるものです。実際にはけっこうな距離ありますし投球スピードもけっこう出てるんですけどね。。

これを写真にも応用すれば太陽や月なども大きく映し出せるようになります。
あとは感覚なのでなんとも言い難いですが、是非お試しください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AIMERS CREATEとは

AIMERS CREATEは、東京都と福岡県うきは市を中心にホームページ制作・Webデザインを行っております。 お見積もりや運営などご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせメールフォームからお申込下さい。迅速に対応します。 お問い合わせをいただきましたら、電話かメールにてご連絡を致します。 AIMERS CREATEをもっと詳しく

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る