記事の詳細

とある飲食ポータルサイトで
「店舗紹介ページに店舗写真ないじゃん!このままじゃ寂しいよね」
という要件がありまして施工した内容の覚書です。

Advanced Custom Fieldsで作ったカスタムフィールドとGoogle Street View Image APIを連携して実装します。
まずはカスタムフィールドでField Nameがaddressという入力フォームを作成。

次にfunctions.phpに下記をコピペ

addressとなっているところはField Name値になります。
これは住所から座標に変換してくれるものです。

そしてGoogleのストリートビューをJpeg画像として出力してくれるタグを用意。

↑要はこの座標情報を動的にすれば良いので、

こういう風に中にカスタムフィールドの出力タグを挟みます。

実行サンプル

以上です。
この方法を使えば店舗系のポータルサイトのスッカスカの写真部分の見栄えが良くなります。

Google Street View Image APIの使い方はこちらが分かりやすいです。
http://office7f.com/2015/01/01/google-street-view-image-api/

是非お試しください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AIMERS CREATEとは

AIMERS CREATEは、東京都と福岡県うきは市を中心にホームページ制作・Webデザインを行っております。 お見積もりや運営などご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせメールフォームからお申込下さい。迅速に対応します。 お問い合わせをいただきましたら、電話かメールにてご連絡を致します。 AIMERS CREATEをもっと詳しく

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る