記事の詳細

結論から言うと、sRGBは濃淡が濃くadobe RGBは濃淡が薄く淡い色になる傾向にあります。
とは言っても緑や赤などで奇麗に見えたり、そうでなかったりするので一概に言えません~
んまぁ。パっと見で印象がガラっと変わる色空間ですが、成り立ちをちょこっと紐ときながら説明します。

目に見える色のうち、画像として実際に使う色の範囲を色空間といいます。

色空間には いくつかあって代表的なもものがsRGBとadobe RGB がありますね。

sRGBについて

sRGBは今のところカメラの標準になっている色空間です

これが国際電気標準会議が定めた国際規格でパソコンやモニターとプリンターの色空間としても使用されています。

という事はコンパクトデジカメの場合は sRGBしか搭載されておらず デジタル一眼レフではデフォルトの設定となっています。

adobe RGBについて

一方!adobe RGBはphotoshopで有名なadobeさんが作った色空間です。

れはエメラルドグリーンの海、真っ赤な夕焼けとか鮮やかな感じの再現には適していると言われています。

adobe RGBで撮影した画像をadobe RGB対応のプリンターで作業を行うと色の誤差も少なく再現力も高いです。

しかしながらかなり値段が高いのが現状です。最近は徐々に安くなってきましたが。。

一体どっちを使えばいいんだよー

どっちを使用するのか悩むところですが、現在の環境を考えた時に写真を楽しむのであればsRGBで困ることはありませんので、とりあえずadobe RGBにしといて、必要ならば画像処理ソフトでrsRGBに変換するという方法が無難かなぁと思います。

あ、そうそう!AdobeRGBはphotoshopで編集する大前提の設定なので、そのままwebにあげたりすると色がかなり変わるのでお気をつけて

素人さんにはパっと見分からない色空間ですが、濃淡が全然違ってくるので、気になる方は実際カメラで撮ってPCモニターで見てみたり試してみるといいでしょう!

最後に比較画像を拾ってきたのでまとめて記載しておきます。

srgb_vs_adobergb_in_web_ii_by_widowm4k3r-d52fqir 00HV6j-31495584 Adobe-RGB-or-sRGB maxresdefault

海外サイトなので怒られないと思いますけど。怒られたら消します^^;

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AIMERS CREATEとは

AIMERS CREATEは、東京都と福岡県うきは市を中心にホームページ制作・Webデザインを行っております。 お見積もりや運営などご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせメールフォームからお申込下さい。迅速に対応します。 お問い合わせをいただきましたら、電話かメールにてご連絡を致します。 AIMERS CREATEをもっと詳しく

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る