記事の詳細

今回はwordpressで全国市区町村2000件以上の詳細ページを一瞬で生成する方法(必殺技)のご紹介。
こういう一括でページする方法ってSEO的にスパム行為かも!?と思うかもしれませんが、事実地域名の入った複数のキーワードでは順位が上がってくるケースも非常に多いのでやる価値は十分にあると思います。
一体どんなものか分からない方も居るかもしれないので、適当に作ったサンプルページをご紹介します。

やり方の大まかな段取りとしては、

①カスタム投稿ポストを用意する
②カスタム投稿用のsingle.phpを用意する
③CSVで一括記事投稿

の簡単3ステップです。

まずはカスタム投稿ポストの準備から

プラグインCustom Post Type UIをインストール。

(投稿や固定ページでも可能です。しかしカスタム投稿の方が自由度が高いので)
インストールしたら左メニューに【CPT UI】が追加されるので展開して【add/edit post type】をクリック。

カスタム投稿の追加設定画面になるので、上記の2項目を入力。
今回は【post type slug】を【japan】とし、【plural label】を【日本全国市区町村】としました。

rtgaegresr

入力が済んだら【add post type】をクリックして設定完了。
左メニューに追加した項目が表示されるようになります。

表示するページのデザインテンプレートを準備

お使いのsingle.phpを複製して作ってもいいんですが、説明面倒なので作りました。
ここからダウンロードしてください。

デザインは各々カスタマイズしてみてくださいね。
ダウンロードしたら解凍して梱包されているsingle-japan.phpをお使いのテーマディレクトリにアップロードしてください。
(場所は /wp-content/themes/お使いのテーマディレクトリ/single-japan.php)
アップロードしたら、仕込みの完了。

最後にCSVで一括で記事投稿してみましょう!

CSVデータを用意してください。と言いたいところですが、説明面倒なので作りました。
wordpress用の市区町村2000件分のデータはここからダウンロードしてください。

CSVなのでメモ帳で編集可能です!好きに弄ってもらって結構です。
左からタイトル→内容→csv_post_typeっていう感じになります。

今回カスタム投稿で作った【japan】に投稿されるようになってますので、投稿に入れたい場合は【post】固定ページに入れたい場合は【page】と変更してください。
エクセルでも編集可能ですが一旦Shift-JISにエンコードしないと文字化けします。

fd

Shift-JISで編集した後は忘れずにUTF8に戻してくださいね。

CSVで一括記事投稿開始!

CSVの一括インポートにはCSV Importerというプラグインをインストール。

インストールしたら左メニュー【ツール】に【CSV Importer】が追加されるのでクリック。
アップロードするcsvを選択して【import】をクリックするだけ。
これで終わりです。

rtげrげ thsth

ハイ!これで2000件投稿完了!

簡単でしょ?
これを活用してランディングページを作るも良し。サテライトサイトを作るも良し。可能性がひろがりまくりんぐですね
分かんない事あればコメントください。
宜しくどうぞ~

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AIMERS CREATEとは

AIMERS CREATEは、東京都と福岡県うきは市を中心にホームページ制作・Webデザインを行っております。 お見積もりや運営などご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせメールフォームからお申込下さい。迅速に対応します。 お問い合わせをいただきましたら、電話かメールにてご連絡を致します。 AIMERS CREATEをもっと詳しく

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る